耕さない田んぼの会 in岡山


2017.09.21

岡山でパーマカルチャーを実践している
カイルさん・和子さんご夫妻の主催する
「耕さない田んぼの会in岡山」が11月からはじまります!

棚田の再生と管理を目的に、1年を通してお米作りを学ぶため
わたしたちを講師として招いてくださいました。

2017年 11月、2018年2月、6月、10月に
座学とグループワーク、田んぼでの作業を直接ご指導しに伺います。

わたしたちが南房総から出て、田んぼのクラスを開くのは始めてで
新しい出会いを今から楽しみにしています。 


パーマカルチャーにご興味のある方はもちろん、
お米づくりを学びたい方 、
棚田の保全に関心のある方、
みなさんのご参加をお待ちしています!



◆ 日程:毎月第3週末 
(詳しいスケジュールは下です。3月と4月は第2日曜日です。)


◆ 場所: パーマカルチャーセンター上籾
(〒709-3621岡山県久米郡久米南町上籾863)


◆ 内容: 無農薬「冬期湛水不耕起移植栽培」の座学と実践

1年を通してお米作りを学ぶ「耕さない田んぼin岡山」は座学と実習で「耕さず、農薬、肥料、除草剤を使わない」方法を学びます。実際には、土を耕したり、稲の生長に必要な肥料を担っているのは田んぼに棲む生き物です。生き物を観察し、フィールドを用意することが私たちの役割りです。選択と実践を積み重 ねていくとてもシンプルな栽培法です。

◎収穫したお米を参加者の皆さんに分かち合う◎
少しずつ面積を増やして、毎年できたお米を皆で分かち合います。


◆ 講師: 50noen(ごじゅうのえん)の五十嵐武志氏・ひろこ氏

千葉県南房総市で、「自然の美しい秩序が見れる田んぼづくり」、 「イネ本来の生理生態を活かしたお米づくり」をしています。「冬期湛水不耕起移植栽培」の第一人者、岩澤信夫先生から学んだ栽培法をベースに五十嵐武志が 10年以上「耕さない田んぼ」でお米づくりと向き合って培ってきた生き物・雑草・イネ・田んぼの観方とお米の作り方をお伝えしています。五十嵐先生の田ん ぼの方法論を広げたいのではなく、1人1人が稲、田んぼ、自然を観る眼を学んで田んぼもそうですけど畑、果樹、山、川などに携わる人達が増えればいい なぁって思っています。

◆ 参加費:一口、一年目6万円
田植えと稲刈り、作業日の半分以上に参加するのが必須

◆ コースの目的:

僕たちの最も大きな目的の一つは、棚田の再生と管理です。ここを自分の田んぼと感じて、たくさんの人に長く関わってもらい、毎年、みんなで少しずつ面積を増やして、できたお米を皆で分かち合いたいと思っています。まずは第一歩として、千葉県南房総市で「耕さず、農薬、肥料、除草剤を使わない」お米づくりを 実践している五十嵐夫妻を講師として向かえました。座学と実習を通してお米づくりを一緒に学びましょう。面白い勉強もできるし、自分が食べているお米に もっと縁を感じてもらえれる内容になっています。お米づくりが初めての方も安心してご参加ください。

ホルツヒューターカイル氏








◎お申し込みはこちらのフォームから◎
https://goo.gl/forms/9IOyN0tAJlqVPzp32

お問い合わせ:PermacultureKamimomi@gmail.com



*****


◎南房総で開催の「耕さない田んぼin南房総」2018クラスについてはこちら