稲刈り

September 26, 2014


自給教室館山校で育てたお米。

ことし、堰の水がぬかれるという予想外のできごとがあり、
田んぼに水がはいっていたのは最初の2週間だけ。







それでも、げんきに稲はそだって、立派な穂を実らせてくれました。










いつもなら、田んぼに草はなく、
茎の太さや、分けつも、もっと太く、力強いので、
たけしくんはほんとうに残念そうでした。
だけど、こんなにりっぱに穂が実り
ぶじに稲刈りを終えることができて、
ほんとうによかったなとおもいました。


ありがとう!稲!!




ひとりだったら、途方にくれそうな、この稲刈りも
みんなでやるから終えることができるのだと
あらためておもいました。
参加してくださったみなさま、ありがとうございました。
そして何よりも、みんなでする作業はたのしいです!






















「耕さない田んぼ」の稲は、刈りとった後も、
葉っぱはしばらくみどりのまま☆